女性に多いシミ「肝斑」はなぜできる?治療すれば改善できる?

肝斑は30代から40代の女性に多いシミの1つ。
左右の頬骨の上や目の下など、左右対称にできるというはっきりとした特徴を持つシミです。

主に女性ホルモンのバランスが関係していると言われており、その関係性ははっきりとはしていないものの、妊娠中の方や、経口避妊薬(ピル)を飲んでいる方は特に発症しやすかったり、もともとあった肝斑の症状がひどくなる場合もあります。

高齢になってからの発症は、きわめて少ないようです。

女性ホルモンの変動が落ち着く50代後半になると症状が軽くなる傾向にありますが、シミが薄くなる人がいる一方で、そのまま色素が沈着してしまい、目立つようになることも。

いずれにせよ、症状が見られたら放置せず、治療を行ってシミを悪化させないようにしましょう。

女性ホルモンが肝斑の原因となる理由

なぜ、女性ホルモンが肝斑の原因となるのでしょうか。

女性ホルモンには大きく分けて、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが存在しており、その2つが増減することにより、生理をはじめとする女性特有の体の変化が起きるような仕組みとなっています。

通常、卵胞ホルモンは卵胞期から排卵期にかけて分泌が増加し、排卵期から黄体期には黄体ホルモンの分泌が増加します。

女性ならではの体の不調が起きやすいのは、黄体ホルモンが優勢となっている黄体期ですが、実はこの黄体ホルモンにはメラニンの産生量を増やす働きがあるといわれており、特に黄体期にシミが出来やすい傾向があります。

妊娠中に肝斑を発症しすいのも、黄体ホルモンの分泌が優勢になることが関係しているのではないかといわれており、経口避妊薬(ピル)を飲用中の女性においても、同じような理屈で肝斑を発症しやすいのだといえるでしょう。


黄体ホルモンによるメラニンの産生は、身体の働きによるものであるため、どうしようもありません。

ですので生理前の時期をはじめ、妊娠中や経口避妊薬(ピル)を飲用している場合は、シミの原因となりやすい紫外線やストレスなどといった、外因的な要素をできるだけ取り除く必要があります。

女性特有のシミ 肝斑はどうやって治療するの?

肝斑もシミの1つであるため、基本的には紫外線を避けたり、食生活やストレスなど、シミの原因となりやすい要因を取り除くのが基本ではありますが、根本に女性ホルモンが関係しているため、先にあげたような方法では改善効果が出にくいという特徴があります。

ですが、飲み薬によって改善できるため、他のシミよりも対処しやすいといえるかもしれません。


基本的に肝斑の治療は、トラネキサム酸を配合した内服薬で行います。
皮膚科で処方してもらえるほか、最近では市販薬でもトラネキサム酸の錠剤を見かけます。

続けて服用することで、個人差はありますが4週間~2か月程度で効果があらわれてくるようです。

ただ、肝斑以外のシミが同時に存在するという人も少なくはなく、お薬を飲んだら肝斑は改善したけれど、他のシミが目立ったままというケースもあります。

ですので、皮膚科などでは肝斑の治療だけではなく、その他のシミの治療も考えたうえで、様々な選択肢を提示してくれるところが多いようです。


怖いのは、肝斑とシミとの区別がつかず、自己判断で治療を行ってしまうケース。
肝斑は他のシミとは性質が異なるため、治療法を誤ると余計に症状をひどくしてしまいます。

例えば、老人性色素斑などのシミ治療に用いられるレーザーは、肝斑に照射すると悪化させてしまうため、種類の異なるシミが入り混じっている場合には注意が必要。

最近では、出力を調整することで肝斑にも利用できるというレーザーが登場しており、必ずしも肝斑にレーザーがNGだというわけではありませんが、シミに肝斑が重なっていることに気づかず、通常のレーザを使用して肝斑の症状をひどくしてしまうことがあるため、レーザー治療を検討する場合は慎重に行う必要があります。

あと、シミやそばかすに利用するレーザー治療は美容目的と判断され、保険適用外となるため、治療が高額になってしまうところも難点です。

肝斑もシミ 一般的な紫外線対策も必要

肝斑だから、薬を飲んでいれば治ると思い込んでいる方がたまにいるようですが、肝斑もシミの1種であるため、紫外線対策やストレスをためないといった、日常の努力は必要です。

薬を飲む事で安心し、紫外線に無頓着でいたら意味がないばかりか、余計にシミを増やしたり濃くしてしまう可能性もあります。

薬を飲むと同時に、帽子や日傘を利用して紫外線を防いだり、抗酸化作用のある食べ物を積極的に摂るようにするなど、様々な方向からアプローチすることが大切。


あと、紫外線対策などとあわせて取り入れたいのが、化粧品やサプリメント。

化粧品やサプリメントと一口にいってもいろいろあり、一概にどれが良いとはいえませんが、例えばビタミンC系の化粧品やサプリ、またハイドロキノンなどの外用剤は皮膚科でも処方されることが多いです。

市販品でも、最近は多くみかけるようになり、取り入れやすいのではないかと思います。


特にハイドロキノンは、シミを気にする方に人気の成分です。

刺激が強いため、肌質によっては利用できない場合もありますが、最近では敏感肌の方でも利用できるハイドロキノン配合の化粧品が沢山出てきていますので、肌が弱い方はそういったものを選ぶようにすると良いでしょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする