頑固なシミに使いたい!ハイドロキノン化粧品 3選

ハイドロキノンってご存知でしょうか?

ハイドロキノンは、シミの原因となるメラニンの産生を抑えたり、メラノサイト自体を減少させる働きがあるといわれる成分です。

メラニンは肌を紫外線などから守る働きをする重要な成分ですが、紫外線を浴びすぎたり肌への刺激によって過剰にメラニンが産生されると、排出しきれずにシミとなって残ります。

ハイドロキノンは、そのシミの元であるメラニンが産生されるのを抑えることができるのです。

そればかりか、できてしまったシミ自体にも働きかけることができることから、肌の漂白剤などともいわれています。


従来は皮膚科などでしか入手できず、あまり知名度は高くありませんでしたが、規制の緩和によって最近では化粧品などにもハイドロキノンを配合することができるようになったため、病院にいかずともハイドロキノン配合の化粧品を購入できるようになりました。

手軽に購入できるのは、シミが出来て悩んでいる方には有難いことですね。

しかし、ハイドロキノンは使い方によっては副作用が起こる可能性もあるため、市販のハイドロキノン配合化粧品を利用する場合は取扱いに注意する必要があります。

ハイドロキノンの肌での働き

まずはハイドロキノンの肌での働きについて、簡単にみていきたいと思います。

ハイドロキノンはメラニンの産生を抑えると述べましたが、具体的にはメラニンを合成するために必要な酵素チロジナーゼの働きを阻害することで、メラニンが産生されるのを防ぎます

また、メラニンを作り出すメラノサイトの機能自体を弱らせる働きも持っており、メラニンが産生されるのを効果的に抑えてくれます。

シミ予防に用いられている成分としては、プラセンタエキスやビタミンC誘導体など、他にも様々なものが存在しますが、ハイドロキノンはそういった成分の数十倍もの効果があるのだとか。


また、これからできるシミを予防するだけではなく、皮膚に沈着してしまったシミに働きかけてメラニンを還元する作用もあるなど、様々な方向からシミにアプローチします。

シミにお悩みの方にとっては、ハイドロキノンはこれ以上にない成分だといえるでしょう。

ハイドロキノンの副作用とは

これまでしつこいシミに悩まされてきた方にとって、救世主のようなハイドロキノンですが、高い効果を持つ成分なだけに、使い方を誤ると副作用を起こしてしまう危険性もあります。

誤った使い方によって肌トラブルを起こさないよう、利用しはじめる前に、ハイドロキノンの性質について詳しく知っておくことが重要です。

【副作用】肌の炎症やかゆみ

ハイドロキノンは刺激の強い製品です。

もともと肌が敏感な方や、ハイドロキノン濃度の高いクリームなどを利用した場合、肌に炎症やかゆみを起こしてしまうことがあります。

また肌に合わない場合もあります。
合わないのに使い続けることで、最悪、炎症を起こしてお医者様にかかる羽目になる可能性もないとは言えませんので、かならず利用前にはパッチテストを行うようにしましょう。

使用していて違和感を感じたり、赤みなどの症状がでたらすぐに使用を中止してください。


あとハイドロキノンは酸化しやすい性質を持つため、開封したら早めに使い切る必要があります。

変質したハイドロキノンを使用し、肌トラブルを起こしてしまうことのないよう、注意して管理するようにしましょう。

もし色が変わっていたら、絶対に使用してはいけません。

【副作用】肌に白斑が出る

これもよく取り上げられる副作用ですが、ハイドロキノン配合の化粧品やクリームを長期間使用したり、高濃度のハイドロキノンを使用した場合、肌の色が抜けすぎて白斑が出る可能性があります。

一般的に売られているハイドロキノンには様々な濃度の製品が存在しますが、1~3%以下の濃度であれば、普通に使用している限りは白斑は起きにくいとされています。

しかし4%以上のハイドロキノンを長期間利用したり、低濃度であっても1年以上もの期間、同じ場所に使用し続けた場合などに白斑が起こる可能性があります。


高濃度ハイドロキノンはできてしまったシミには効果が大きいですが、それだけに取扱いには注意が必要。

ハイドロキノンを利用する際は製品の説明書をよく読むように、また皮膚科で処方していただいたものであれば、お医者様の指示に従って利用するよう心掛けてください。

ハイドロキノン使用時は強い紫外線を浴びてはいけない

メラニンの産生を強力に抑えてくれるハイドロキノンですが、紫外線にあたると肌の上の成分が変質して炎症を起こしてしまったり、シミをひどくする原因となってしまうことがあります。

またメラニンの産生が抑えられているということは、細胞をガードするものがないのと同じこと。

ハイドロキノンを使用している間は、極力きつい日に当たらないようにし、日中は日焼け止めを利用するようにしましょう。

外出が長い場合は、合間合間に日焼け止めを塗り直すようにしてください。
特に、かいた汗で日焼け止めが流れやすい夏は注意が必要です。


使用する日焼け止めのSPFの目安としては、短時間であってもSPF20~30、PA+~以上は欲しいところです。

日焼け防止効果は高い方が良いですが、SPFが高くなると肌に負担がかかりやすい傾向にあるため、むやみにSPFの高い日焼け止めを利用するのではなく、日焼け止めに加えて日傘や帽子などを併用すると良いでしょう。

私自身はハイドロキノンを利用している間は、1日中在宅しているような場合であっても、SPF15程度の日焼け止めを塗るようにしています。

窓から紫外線は入ってきますし、パソコンの画面や蛍光灯などからも、屋外ほどではないもののエネルギーのある光が発せられていると思うためです。


あと、ハイドロキノンを使うのをやめても、しばらくの間は紫外線を浴びないように注意するようにしましょう。

ハイドロキノンの利用をやめても、その効果はしばらく持続しています。

ですので、使っていないからといって日光を浴びてしまうと、肌が炎症を起こしたり、シミの原因にもなってしまいます。

面倒だとは思いますが、紫外線対策の一環だと考えて、UV対策は継続するようにしましょう。

頑固なシミに使いたい!おすすめのハイドロキノン化粧品 3選

副作用が起こる可能性もあるハイドロキノンですが、正しく利用すればシミにお悩みの方にとって強力なアイテムとなります。

最近はメーカー独自の技術により、安定化させたハイドロキノンを使った化粧品なども登場しており、肌が弱い方はそういった製品を選ぶようにすると良いでしょう。


ビーグレン ホワイトケアシリーズ

ハイドロキノンをはじめ、ハイドロキノンとの相性が良いビタミンCを組み合わせた、b.glen(ビーグレン)のホワイトケアシリーズ。

独自のQuSomeテクノロジーを採用することで、ハイドロキノンの欠点である刺激性や浸透のしづらさを改善しています。

ホワイトケアシリーズで提供されている、ハイドロキノン配合のQuSomeホワイトクリーム1.9の濃度は1.9%。

ですが、4%濃度のハイドロキノン並の効果を期待できるなど、敏感肌の方にも利用しやすいハイドロキノンです。

まずはお得なトライアルセットで試してみて、肌に合うようだったら必要なアイテムのみを買い足すと良いでしょう。

送料無料、365日間の返品&返金保証が付いているため、はじめての方でも気軽に試せます。



アンプルール ラグジュアリー ホワイト

アンプルール独自の新安定型ハイドロキノンを配合し、ハイドロキノンならではの不安定さを解消した化粧品のラインアップです。

新安定型ハイドロキノンは通常よりも酸化し難く、光や熱への耐性も増しているため、一般的なハイドロキノン化粧品に比べると扱いやすいというメリットがあります。

さらに新安定型ハイドロキノンをさらにマイクロカプセル化しているため、肌への刺激も低減。

肌が弱い方でも利用しやすい製品です。

このラグジュアリー ホワイトのラインアップをセットにしたトライアルキットが、初回限定価格で試せます。(おひとり様1個限り)

【キット内容】

・ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110 (スポット美容液)
・ラグジュアリーホワイト ローションAO II(化粧水)
・ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラ II(美容液)
・ラグジュアリーホワイト エマルジョンゲルEX(乳液ゲル)

<特別プレゼント品>
・ラグジュアリーホワイト クレンジングミルク × パウチ2包(メイク落とし)
・ラグジュアリーホワイト ウォッシングフォーム × パウチ2包(洗顔料)

※内容が変更となる可能性もあります。



セルピュア ブライトニングクリスタル

東京銀座スキンケアクリニック監修のドクターズコスメ、「セルピュア ブライトニングクリスタル」。

某雑誌の2014ベストビューティーアワード受賞、雑誌にも多数取り上げられている人気のハイドロキノンクリームです。

なんとハイドロキノンを5%と高濃度に配合。

特殊な技術を用いて製造した安定型のハイドロキノンを配合しているため、高濃度でも長持ちしやすいという特長を持ちます。

通常、開封から1カ月程度で酸化してしまうことの多いハイドロキノンですが、本製品は12か月以上の常温保管が可能。(開封後は3カ月程度を目安に使い切ってください)


出来てしまったシミ、頑固なシミを集中的にケアしたい方におすすめ。

一般的なハイドロキノンコスメよりも日持ちする事、また5%と高濃度であることなどを考えると、コスパはかなり高いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする